看護師の副業はどうなる?

医療現場で働くスタッフはその責任の重さもあって本業に集中することが求められます。そのため、一般企業と同様にしてダブルワークを禁止しているケースが大半を占めてきました。しかし、現実的には休日を使ってダブルワークをしている看護師も多くいました。

実際、雇用者側にはダブルワークしていることが隠されているために明らかになっていないことが多いものの、インターネットが普及したことによってブログなどを介して情報が流通するようになってしまっています。それに加え、マイナンバー法が制定されたことによって、ダブルワークの事実が本業の雇用者側に知られてしまうのではないかという懸念の声もあるようです。マイナンバー導入に伴い、ダブルワークを辞める看護師が増えているようです。実質的にマイナンバーが提供されただけでは医療機関側からダブルワークをしているかどうかを確定することは難しいものの、年末調整の際に入念にチェックすれば発覚する可能性は完全には否定できません。リスクをとらないためにダブルワークを諦めて、本業に集中する看護師が増えたことで、本業として働く人材が多い現場では、より良い医療が実施されるようになると期待されます。

一方で、ダブルワークの人材によって賄われていた現場では人材不足が加速されるようになってしまっているのも事実です。しかし、マイナンバーの影響によりダブルワークの禁止が明確に行われるようになったことで、収入を上げたい看護師は転職を選ぶことも多くなっているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です