中小病院は情報システムの導入を

看護師としていくつかの病院で働いたことがあるとその施設間での仕事の効率の違いに驚くこともあります。大病院に比べると、中小病院では仕事の効率が低くなりがちになっているのが事実です。

規模が大きくなるほど作業効率は低下しそうなものですが、かえって中小病院の方が仕事の効率が上がらない状況ができているのには理由があります。その原因となっているのがシステム面は十分に確立しているかということであり、基本的なプロトコルが病院内で確立されていることが多く、また、情報システムの運用方法が確立されているのが大病院の特徴です。

無駄な作業を極力減らして、同じ作業であれば時間がかからないようにするのが仕事の効率を上げるための基本であり、特に現場での運用で力を発揮しているのが情報システムです。規模が大きいからこそビッグデータを取り扱えるようにするために欠かせないのが情報システムであり、中小病院に比べると早期に導入が進められました。中小病院でも導入を行えば仕事の効率が高まるのは明らかであり、どこかのタイミングで投資を行うことが必要になるでしょう。

マイナンバー制度によって医療IDが導入されることから、タイミングとして適した時期になっています。医療IDによる患者情報の共有は情報システムの導入なくして行えないものであり、運用開始とともに情報システムの導入が必須になるでしょう。それを見越して早期に導入して仕事の効率を上げておくことが賢明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です